【六代目山口組】極心連合会 橋本会長が引退 二代目は極粋会 山下昇会長が後任 高山若頭の人員刷新

長年、五代目から六代目山口組を務めてきて元大物芸能人島田紳助氏を救ったとして一時世間を賑わせた六代目山口組統括委員長 極心連合会 橋本弘文会長の引退が明らかになった。報道によると六代目山口組 高山若頭と橋本会長、極粋会 山下昇会長の話し合いで橋本会長から引退を譲らず決まったとの情報がある。

 

長らく六代目山口組を支えて来ただけに六代目山口組しても橋本会長の引退は痛手であろう。以前から橋本会長の心中は高山若頭が出所したら引退と決めていたのだろうかそれは側近、本人のみ知る事である。極粋会 山下会長に跡目に決められた事にも色々な事を踏まえて決めた事などだろう。まだ、引退には早すぎる様な橋本会長の思いは誰もわからない。

六代目山口組 弘道会と山健組は何故仲が悪いのか?神戸と名古屋の間に出来た長年にわたる怨恨の壁

【追記あり】山健組中田浩司(広志)組長が逮捕起訴:山健終わったのか?神戸山口組井上邦雄組長も逮捕?組長不在で山健はどうなる?

Sponsored Links

スポンサーリンク

極心連合会は関西でも一目置く組織だった

 

東大阪の極心、布施というだけで=極心のイメージがあり、県外からの構成員も多いと聞く

理由を聞くと「地元の組織よりしっかりしている極心連合会に入りたい」

 

と、いうケースも非常に多く、分裂前も分裂後も極心といれば関西の関係者ならわかるが一目置く組織だったのだ。

 

ある、関東地方の有力団体のフロント企業とトラブった時、極心連合の2次団体か3次団体だが、一歩も話を譲らずフロント企業に「性根いれて布施に来いよ」と発言し相手が誰であろうが組織の貫目関係なく一歩も引かない事も聞いた事がある。

 

その組織を一代で作り上げた橋本会長の組の統率力、芸能問題でも快刀乱麻の如く次々と解決して芸能人の方を守ったという話は皆さん知ってのとおりである。

出典 MBS

二代目健心会 弘道会入り 江口会長 本家直参改め高山若頭舎弟に

☟次ページ 橋本弘文会長の経歴

Sponsored Links
1 2 3