極心連合会 橋本弘文会長の引退:六代目山口組新人事に続き、三代目弘道会でも新たに新人事改革

Sponsored Links

元大物芸能人島田紳助氏を救った極心連合会 橋本組長の引退

出典 MBS

先日から噂になっていた六代目山口組執行部を支えてきた 極心連合会 橋本弘文会長の引退が正式に発表された。二代目は極心連合会から昇格した極粋会 会 長 山下 昇会長が後任したとの事と聞く、この話が決まるまでには高山清司若頭、橋本弘文組長、山下昇会長らで対談し決めた模様です。橋本会長から引退を譲らず決まった事の様だ。

 

「心賞必罰 不言実行」山一抗争時の組指針に則っているような現在の弘道会組織人事、徹底した底上げ強化

筆者後記

 

極心連合会 橋本会長は初代山健組で渡世に入り三代目山健組若頭も長年務め五代目山口組で直参になった組織である。

 

この引退で橋本会長の同世代の神戸山口組、任侠山口組々員の数人は【自分も引退】という考えがよぎるかと思う。

 

自分が現役当時に実感したが極心連合という組織は武闘派組織で有名であり関西にいても極心連合会には誰もが一目置く組織だったと思う。

 

東大阪=極心 布施=極心 というイメージが強かった。

高山若頭が出所後、物凄い勢いで山口組は改革している。

 

対して神戸山口組、任侠山口組の動向が気になる。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。


【六代目山口組】極心連合会 橋本会長が引退 二代目は極粋会 山下昇会長が後任 高山若頭の人員刷新

Sponsored Links