タイで偽刑事に職務質問されてお金を騙し取られた話(職務質問)

タイ旅行中に盗難に遭った事もあるが自分は偽警察官に職務質問されて現金をだまし取られた事がある。

今から数年前だがその時は友達らで行ったけど前日昼近くまで寝ていたけれど俺は日本の友達から免税店でブランド物を買ってきて欲しいと現金を預かっていて宿泊ホテル近くのエンポリウムという免税店もある百貨店に行く事になった。

Sponsored Links

被害に遭った場所は

泊っているホテルからエンポリウムまでは歩いて10分程の細い路地を

友達から預かった現金を財布に入れ1人で歩いて向かった。

刑事らしき私服警察官4人組に遭遇!

この辺りの道は分かっているので人通りが少ない所を近道してエンポリウムに向かうしかしそれが間違いだった!

人通りの少ない道を歩いていると前方からタイ人、金髪の外人を含む4人組が前から出てきて俺の前に立ちふさがり声を掛けてきた。

4人組は全員POLICEと名乗り身分証らしき見せられても果たしてそれが本当かどうかが分からないまま、ボディチェックをさせろと

言って来た。

僕はホテルが直ぐ近くにあったので刑事らしき人たちに「Go to the hotel!」と、言って自分の泊まっているホテルにして欲しいと懇願するも刑事らしき連中は全員で「NO!」と言ってホテルに移動しての職質を拒否してくる。

渋々、ボディチェックに応じてポケットの上から手で触っていく。

その最中も「Go to the hotel!」を連呼していたが「NO!」の一点張りだった。

それでポケットの中にあるものを出せと言うので、パスポート、タバコ、のチェックが始まった。

内心、ちょっと「偽警察では?」なのではという不信感があったので

「ひょっとしてパスポートを持ったまま逃走されるのではないか」

と、思ったのでそこは俺も「NO!」と、言って自分の手からパスポートを見せた。

とにかくしつこい

とにかくしつこい!

すべての検査が終わり俺も解放されると思いきや。

刑事らしき4人組は今度は財布を見せろと言ってくるので自分もちょっとキレ気味に断った。

すると、英語で財布の中にドラック、麻薬が入っているんじゃないかと疑ってくる。

そこで自分は呆れながらも深いため息のあと「Go to the hotel!」マジでホテルのフロントでして欲しかったので訴えると警官らしき4人組は「NO」と言ってくる。

ホテルの電話番号も携帯に控えていなかったのでSOS電話も出来ないし、刑事らしき連中に電話はダメだと言うのを押し切り、一緒にタイに来た友達に電話するもおそらくまだ2日酔いで寝ているのだろう出てくれない。刑事らしき人間に財布を持ち逃げでもされたら最悪だからホテルフロントの人がいる立ち合いの元で財布検査して欲しかったが刑事らしき人間は移動を認めてくれない。

手錠を出してきた

財布をその場で見せる事を拒み続ける事約30分、最後には刑事らしき連中は手錠まで出して見せてきた。

ちょっと手錠迄見せられると「逮捕は御免だ」と言う思いになり財布を渋々見せる事になり

最初、紙幣、カード類など抜きとり現金とクレジットカードが無い状態の財布を手渡した。

財布を手にした警察官は財布内を調べた様で気が済んだのかもう終わりだろと思いきや。

今度はクレジットカード、現金は偽物カード、偽物紙幣ではないかと疑ってくる。

呆れてしんどくなって、もう俺も了解した。

刑事に人から預かっているお金150万円ほどとクレジットカードを渡した。

その代わりその渡した刑事の腰のバンドを掴んで逃走できない様にした。

 

刑事はパラパラとクレジットカードを検査し今度はなんと紙幣を見せろと言ってきた。

それにはさすがに「NO!」と答えたが刑事は偽札じゃないかと疑ってきてまた手錠を見せてくる。

仕方なく現金日本円で150万円を渡して絶対に紙幣から目を離さなかった。

俺の目の前で刑事が数えるのを目を凝らしてみていた。

 

ようやく数え終わるとその現金を手渡されて万札の枚数を数えなおした。

一瞬も現金から目を離さずに数えるのを見ておかしい所が無いと思って受け取ったが

120万しか無い!30万程手品の様に抜き取られている。

 

直ぐに走ってその偽警察官を探したがもういなかった。

キツネに騙され様な感じだった。

その足りないお金は俺が仕方なく建て替え、昼から改めて1人歩きせず複数人で免税店に向かった。

Sponsored Links

偽刑事に職務質問されない為に

  • 行き慣れていても1人歩きはやめ複数人で歩く事。
  • 現金は出来るだけ少なく持ち歩く事。
  • 細い路地などは歩かず出来るだけ広い人通りに多い道を歩く事。
  • ホテルの連絡先等は携帯から直ぐに掛けれるようにいつもしておく事。

これらの点を実行していれば偽警察官に遭ってもターゲットにはされにくいのではないかと思う。

まとめ

今でも偽刑事か本物の刑事か見分けがつかないがお金を抜き取るという事は偽刑事だと思う。

折角の旅行で嫌な思い出にもならない為にも自己で何らかの対策をした方がいいと思う。

一人旅行は本当に気をつけて、複数人で行く場合は出来るだけ集団で歩くようにしよう。

タイのみならず外国はどんな危険が待っているか分からないので自己防衛を高めましょう!

最後まで読んで下さり有難う御座いました。

 

Sponsored Links >