1度人を裏切る奴は何回でも平気で裏切る【経験談】

人手不足のこの世の中、社員に辞められると困る。社員が辞めたいと言ってきた時

雇用側のほうが「こちらの待遇などで不満があるのか」等気にしてしまう。

社員が辞めると申し立てした時、辞めると言って来た社員が即戦力で売り上げに貢献して

いる社員でも向こうの言い分を聞いて待遇を変えてまで引き留めるべきか経営者は一瞬悩むはずだ。自分もそういう経験はいくらでもある。すんなりと辞めさせるべきか。

 

Sponsored Links

去る者は追わず

 

そういう従業員は、すんなりと辞めさせてあげるのがいい。

待遇を変えても基本、一度辞めたいと口にしているのだからその授業員は仕事のモチベーションも下がっている。

それらを踏まえて今度は雇用側が辞めさせない為に気を使うなどしなければならない。辞める従業員は一般人の常識を分かっていればいいがそうで無いものはそれに付け込んで「仕方なしに会社にいてやっている」など図に乗る可能性がある。

 

また、そういう体質が伝染病の様に他の社員に広まり他の社員も同じ事を言ってくる場合があるので辞めさせるべきだ。

 

自分も職人仕事の会社を起業していたが番頭に2回辞められた。

1度目は番頭Aの場合、親が自営業で後を継がないといけないという理由だったこれは仕方がない。

約1か月の引継ぎ期間を経て退職してもらった。

 

2回目は当時10人程従業員がいる時、番頭Bが従業員を引き連れて全員の1日当たりの給与を2万円にして欲しい。さもないと全員辞めると言って来た。

 

当時、阪神大震災で猫の手も借りたい状況であった。

完全に自分が舐められているとおもった。

日当も番頭Bに対して1日2万円にならずとも1日17,000円+職長手当+家族手当などつけていて業界の相場より高く支払っていた。

 

また他の従業員は殆ど未経験者がいる。そんな従業員に2万円の日当なんか払えるはずもない。

本当は経営者側が頭を下げて協議するのが正解かも知れないが自分の場合は全員解雇した。

 

何故、全員解雇したか

番頭Bは自分が起業の際に立上げ前から元請けの会社で一緒に仕事を覚えてもらった。

勉強期間の元請けでの日当は8千円だった。しかし、元請けは当時全く仕事を知らない番頭Bに対して1日の日給を6千円と決めてきた。

 

番頭Bは嫁、子供もいて1日6千円では生活できないと言ってきたので

俺は起業資金を貯める為に当時、夜も明け方までアルバイトをしていてその中から1日4千円を番頭Bの給与に補填して仕事を覚える迄の約1年間、1日1万円の待遇にした。

 

番頭B本人は当たり前だと思っているかも知れないが、2万円の日給をくれなければ全員辞めると言う行為は自分にしたら後ろ足で泥を掛けられたという認識の方が高い。

 

それも、本来なら引き留めるべき立場の人間が従業員全員を連れてきてストライキをおこしたのだ。

 

そんな交渉のテーブルで話す気にもならない。舐められる。だから全員解雇した。

 

後で分かったが他の同業者から高単価でヘッドハンティングに誘われていたと聞いた。

会社のガンを取り除きすっきりした

 

従業員0人になってしまった。元請けからは心配されて、しばらく小規模の案件しか発注してくれなかって売り上げに大きなダメージとなったが、もう一度最初から、知り合い、ハローワーク、人材派遣などで何とか現場を回して約2年後には以前よりまとまった。会社のメンバーが出来上がった。

会社のガンは一刻も取り除いた方が良い。実感した。

 

裏切る奴は何回でもでも裏切る。

 

その後の番頭Bはヘッドハンティング先で勤めていたみたいだが約5~6年後にヘッドハンティング先の社長に「下請けをさせなければ10人程連れて辞める」と、自分と同じような事を言って無理やり下請けになったようだ。

裏切る奴は何回でもでも裏切る。

 

Sponsored Links

その後

 

その後、会社規模は違うが自分の会社と番頭Bの会社は県内で同業者となった。

特に付き合いも無く会社を回していたが、前にも記事にしたが自分の

会社が横領に遭い、自分は冤罪で警察に逮捕された。

政治的事件もあり結局不起訴処分で22日間後に出てきたが、マスコミ、新聞等に大きく報道された事もあり会社立ち直しは難しかった。

その拘留中に不渡りを出してしまい。自分の会社は事実上の倒産となった。

暫く、自分は立ち直れなかった。

 

呆然としている中、元取引先から数件、問い合わせがあった。というのは

「番頭Bさんが、下請けをさせてくれと言って来ています。あなたに了解も取られていますと言っているのですが本当ですか?」

 

と、問い合わせが数件来た。

 

他、問い合わせが無いもの、自分が拘留中とそれにより倒産した事で殆どの得意先を番頭Bの会社にもっていかれた。

 

また、横領した自分の元嫁と深い関係になって得意先を全部聞き出したらしいという事を耳にした。

 

ましては、自分の耳に聞かす奴も悪いが!

番頭Bは自分の事を「アホやねん」

と言っていたと煽って聞かせてくる。

 

 

まとめ

なんか愚痴の様な記事ですみません。

自分が言いたいのは1度裏切る奴は何回でも裏切る。

人を蹴落としてものし上がる。

従業員、社員は機械じゃなく意思があるから人を使うという事は本当に難しい。

特に、中小企業の経営者様は大変だと思う。

こんな、自分の様なヘマは無いと思いますが一度裏切る奴は何回も裏切る事を肝に銘じて欲しいです。

 

最後までお読み下さり有難うございました。

 

 

 

 

 

Sponsored Links >