【パチンコ依存症】依存からの復活方法【体験談】

約2年位パチンコにはまった事がある。俺の仕事は毎日ではなく週に3,4日なので空いている時間は全部パチンコ屋に行って無駄な時間とお金を無くした。今ではパチンコは行こうと思わない。俺がパチンコにハマって依存症になり依存症から治った経緯を話す。

 

Sponsored Links

パチンコにハマったきっかけ

そもそも立地条件が悪い、家から100歩 歩くとパチンコ屋がある。また、車を停めるのに駐車場契約しているがパチンコ屋の入り口を横切らなくてはいけないねん。

これ非常に立地条件が最悪でしょ。

でも、今の家に移ってから2年程パチンコは一切しなかった。というか今までの人生でパチンコをした事がなかってたまに行く位であった。パチスロでよく言う目押しもできないしパチンコ屋で長く居座っていたら頭痛などがしていた。

 

ある日、都合により1000円札が欲しかった。財布には1万円札しかなくてどうしても両替しようと考えた。家の周りに銀行や、コンビニなど無い、パチンコ屋だけしかなかった。

俺は仕方ないパチンコ屋で両替しようかと言う考えになりパチンコ屋に行った。

 

両替機を探したが無く、カード精算機というものがあったパチンコ遊戯する際一万円札を遊技台横から挿入して途中で辞める場合残金を精算し現金にする機械しかなかった。

 

俺は1000札が9枚位欲しかったので適当に遊技台に座り遊技台横の紙幣挿入口から一万円札を入れた。そこで、パチンコには全然興味が無かったが「ちょっと1,000円だけしてみるか!運試しに」と、言う浅はかな考えがこの後、依存症を招く。

その、1,000円だけ遊技してみた所、直ぐにボーナス確定となった。それが確率変動で10万円近く出た。あぶく銭が手に入った訳や。そらめっちゃ嬉しかった。

ハマっていく依存症

次の日、病院に行かないとイケなかったが病院にもいかずパチンコ屋に行き、昨日の勝ち方を夢見てパチンコをする。スロットは目押しが出来ないからパチンコ専門だった。

パチンコ全くしない人には分からないと思うが、プレミアムリーチ、プレミアムな保留玉が出てくる。その出てきた刺激を求めて打つ。ひたすらのめり込んでいくのがわかった。

例えば、差し引き2、3万勝って帰ればいいのにもっと勝ちたいという気持ちから勝ったお金もつぎ込んでパチンコを打つ最後には閉店まで打つ様になっていた。

 

パチンコ屋に入り浸っていると周りの台が気になる。例えば「あの台2,3日出ていない今日あたり爆発するように出るのではないか」とか閉店前、すごくハマっている台を見て「明日出るのではないか」と言う気持ちになる。明日、朝から打ったら出るのではないかと言う妄想に駆られる。とうとう次の日には朝から並んで打つようになった。

 

パチンコ中心の生活

用事があろうが早く済ませてパチンコ屋にいく。「今日は勝てる」そんな気で普段の予定を全部後回しにする様になってきた。用事を済ませて駐車場に車を停めて自宅に帰る際、パチンコ屋に入ってしまう。「果たして昨日の台はどうなっているか出ているか」など余計な心配などしてしまうのだ。その頃にはもう、勝ち負けはどうでもいい、パチンコを打っていたい。と言う気持ちになっていた。

だから予定を全て後回しにして朝から閉店まで売った。

金の管理が出来なくなる。

俺は、家に現金50万あった時がある。それは何か困った時に使うお金で銀行からおろしていつも家に置いていたが財布の中が空になると、とうとうそのお金に手を付けるようになってきた。自分でもダメやとわかっているから最初はかわいい3万円だけもってパチンコ屋に行く。すぐ負ける!熱くなってやけくそになり家に取りに帰り今度は10万円をもってパチンコ屋にいく。閉店まで粘るが負け1台の台につぎ込んでしまう。

そうなると「次の日に絶対出るかも」と勝手な妄想になり。他の客に打たすまいと翌日早朝から並んで10万円ほど持って遊技する。そんな事をして勝つときもあるが結局、勝ってももっと勝ちたいという欲望があるから家に置いているお金は目減りする一方だ。

ここまできたら重度のパチンコ依存症だ。

 

客までが敵に見えてくる。

パチンコを打っていて横に座っている客さんがスペシャルリーチを出現しようものなら俺は「来るな!来たら俺の出る確率が減る」また近くの台が連続して確変して続いている場合「早く終われ!あの台がかかっているから俺の打っている台が」出ないのと違うか?と思う様になる。

など、周りの客に対しても対抗意識を燃やすようになってきた。

 

Sponsored Links

もう手を付けられない

パチンコで16万円勝っても次の日に全額負けたことがある。俺の仕事は現金での集金だが、パチンコ打つために請求金額を4.5万上乗せするようになってきた。

仕事もおろそかになる。

もはや病院に行かないとあかん位のレベルになっていた。

トイレに行くとギャンブル依存の方はお電話下さいとサポートダイヤルが書いてあるが電話する気にもならない、ほっておいてくれと言う気持ちやった。

 

目覚める。

ある日、夢で俺の好きな有名タレントが出てきて俺にこういった

「毎日、毎日ダラダラその日を過ごしてそれでいいのか?」みたいな夢をみた。

それと、ギャンブル依存の本を読み少し冷静になった。

パチンコで10万負けるのならどこか一泊旅行でも行けるじゃないかと言う風に思い出した。

また、パチンコしていても他の客がプレミアムリーチや連チャンが来ていることに妬む自分に嫌気がさしてきた。本を読んだ影響もある。それからもう1年位経つがパチンコは全然したいとは思わない。


リカバリーサポート・ネットワークは、パチンコ・パチスロの遊技に関する依存及び依存関連問題解決の支援を行うことを目的に設立された非営利の相談機関です。
問題でお悩みの方やそのご家族を対象に、無料で電話相談を実施しています。
(通話料のみ、ご負担をお願いします)

まとめ

パチンコは時間とお金の無駄、それに尽きる。

約2年間無駄な時間とお金を使った。

パチンコ依存症は必ず治るのでサポートダイヤルで相談する。

 

 

 

Sponsored Links >