特定抗争指定前の事始めで六代目山口組神戸山口組の動向は!山健組の動向・山健組出身組織の今

Sponsored Links
Sponsored Links

六代目体制で山健組出身組織は非常に少ない

現在、六代目山口組体制で山健組出身の組織が残っているのは

一道会 一ノ宮敏彰会長 六代目山口組若中

健心会(三代目弘道会預かり)江口健治会長は高山若頭舎弟に

秋良連合会 秋良東力会長 六代目山口組幹部

兼一会 植野雄仁会長  六代目山口組若中

上記のとおり2019年時点では僅か3組織しかあらず、(健心会は江口会長は実質弘道会入り)

しかなく、他は除籍、破門、解散、引退などで殆ど組は無くなっているが神戸山口組に移籍しているのも多い。

六代目山口組の報復計画・神戸山口組は傘下武闘派太田興業引退解散届により破門処分【山健組:神戸山口組】

2019・12・13特定抗争指定暴力団前の最後の事始め

六代目山口組、神戸山口組とも12月13日はヤクザ渡世ではひと際大事な日とされている「事始め」がある。

この度は特定抗争指定暴力団に指定される最後の集会となるだろう。

両組とも使用制限が掛けられていない組事務所で行われるかと思うが今後、六代目山口組の更なる報復があるのか、また反対に神戸山口組からの報復、または神戸山口組執行部が六代目山口組高山若頭に話合いの場を持つのか今の時点では分からない。

【高山清司若頭敵陣神戸に参上し勝利の祝杯か?】神戸山口組納会で太田興業引退解散、山健組はどうなるのか?

 

 

 

Sponsored Links