【六代目山口組高山若頭出所前】山健組事務所前発砲2名死亡について今後の行方【神戸山口組】

山口組分裂後、全国各地で車両を組事務所に突入させる様な攻撃や組事務所にガラス割り(拳銃で建物、ガラス窓に発砲する行為)や発砲事件で死傷者が出ている最中

神戸山口組の中核五代目山健組の與(あたえ)則和若頭が2019年4月18日午前0時すぎ、神戸市中央区春日野道(かすがのみち)にある飲食店を出たところを襲われた。また2019年8月には神戸市熊内町の弘道会神戸事務所で発砲で1名重体となる。近隣住民を震撼させる事件が起きている。

そしてこの度、府中刑務所から六代目山口組 高山清司若頭出所前に山健組事務所で発砲事件が起きた。今まで単なる発砲事案は覚せい剤などを乱用した者が逮捕されているがこの度は山健組事務所の定例会を狙って警察が24時間警戒、事件当日山健組定例会もあり警察厳戒態勢の中、六代目山口組弘道会傘下組織幹部の丸山俊夫容疑者(68)(殺人未遂容疑で逮捕済み)がカメラ、出版社を装った偽造名刺など持ち週刊誌記者に変装し拳銃2丁を所持して2名死亡、1名怪我させる発砲事件を起こした。はたして今後どのような展開になるのか予想もつかない。

 

Sponsored Links

弘道会傘下幹部丸山容疑者はかっての三代目山口組大阪戦争の羽根組長を彷彿(ほうふつ)させる作戦

 

山口組分裂後24時間警戒をしていたのにも関わらず。弘道会傘下幹部丸山容疑者は雑誌記者を装い車中に待機しているところ職務質問を受けて車から降りたところを犯行に及んだ。警察が堂々いる中での発砲は今まで前例がない。あると言えば山口組三代目時代 大阪戦争(三代目山口組 対 松田組との抗争)で松田組事務所 山口組傘下中西組々員だった羽根悪美(本名 恒夫)組員は警察のいる前で松田会長宅に発砲した。この後、山口組三代目田岡一雄組長より田岡のボディーガード兼個人秘書となり、同時に三重県に羽根組を構えた。この警察官がいる前の事件で羽根組長は懲役11年を務めた。羽根組は五代目山口組時代、オウム真理教事件の関与で解散している。

 

しかし、昨今、暴力団対策法施行、暴排条例も厳しいこの時世で、2名の死者が出るという事はまさに極刑も覚悟した犯行だ。玉砕的な犯行は現役の極道でもなかなか出来ない犯行だ。

 

また、組織名は言えないが大阪の独立組織の抗争で2名射殺した組員がいた(本当の実行犯は2名だが、京都の一本組織の組長が仲介に入り警察に1名だけ出頭させた)この2名死亡させた事件で容疑者は未決拘留含め懲役22年を務めた。判決時には多くの組関係者がいながら懲役22年を申し渡されても微動にせず、後ろも振り向くことなく判決をもらったという噂だ。その組員の懲役中、組事務所には親分の肖像画の横にその組員の写真も飾っていた。現在、出所しその組の跡目を担う大幹部として貢献している。

 

しかし、この度の山健組発砲事件の2名死亡、1名怪我はそれ以上の刑罰が予想されるだろう。

 

丸山容疑者は弘道会傘下稲葉地一家幹部だった。

 

稲葉地一家は元々、名古屋の独立組織だったが、六代目山口組当時、弘道会組長だった司忍(本名 篠田健市)組長が平成3年の名古屋抗争で経て参入した明治時代から十代目となる名門組織である。その十代目松山 猛組長の舎弟と言う情報を関係者から聞く事が出来た。

また、丸山俊夫容疑者は九州在住で、稲葉地一家の勢力の大きさも感じられる。

出典 ANN

殺害されたのは山健組内宮鉄組、福富組々員2名

 

この度の事件で死亡したのは神戸山口組 五代目山健組傘下宮鉄組々員 佐藤隆保さん(43)同じく五代目山健組内福富組々員 中川健司さん(39)が死亡した。

警察の見解では恐らく、突然の職務質問で相手は特定せずに拳銃を発射したのではないかと言われている。

偽装された名刺、記者になりすまして車に待機している事から、警察からの職務質問には対応できるようにしている事から定例会が終わった後、山健組事務所から出てくる幹部ひいては中田広志組長、與則和組長クラスを複数狙った犯行だとも言える。

Sponsored Links

刺傷事件退院後、体調が気になる山健組若頭 與則和組長

 

2019年4月三代目弘道会傘下野内組内二代目北村組々員2名に肩と腰下を刺され命の別状は無かった山健組若頭 與則和組長だが周りの情報では恰幅(かっぷく)が良かったのだが退院後、かなり痩せているとの情報が入った。

もともと、太り気味な体質だったので病院退院後、健康的な痩せ方なら気にもならないが今後の山健組を担う人材だけに体調が気になる。

與則和組長(昭和28年生)は元々、奄美大島出身で三代目佐々木組々員から山健組内片岡組若頭を経て片岡組解散後與組を結成、山健組本部長を経て五代目山健組若頭となった。

【神戸山口組】山健組事務所で発砲事件2人死亡・1人けが【犯人は弘道会傘下幹部】

筆者後記

高山六代目山口組若頭の出所前にこのような事件が起きて神戸山口組の報復が気になる。

弘道会神戸事務所には幼稚園が直ぐそばにあり中学校や女子高校も近い。また山健組本部事務所近くにも小学校や専門学校などがある。

流れ弾が一般市民を巻き込まないか心配だ。

 

 

 

 

Sponsored Links >