【刺青・TATOO】和柄(和彫り)は周囲を威嚇するから絶対に見せてはいけない

刺青、特に日本は刺青に対して偏見の目があり公衆浴場、プール、海水浴場など規制を掛けて刺青入れている者を排除している所が多い。しかしその反面、刺青、TATOOを入れる店(彫師)も増えているのも事実で今は刺青を入れる施術料も下がっており気軽に刺青を入れる事が出来る。

私が思うのは刺青、TATOOの中でも浮世絵の様な図柄の和柄(和彫り)は他人に見せるものではない、見せてはいけないと思っている。当たり前の事だが分からない人もいるようなのでその事についてお話します。

 

Sponsored Links

和彫り(和柄)の刺青は反社会的勢力(暴力団関係者)のイメージが強い。

 

昭和、平成の始めまでは和彫りを入れている男性殆どが暴力団関係者であったが次第にそうではなくなってきた。しかし和柄の刺青=ヤクザ、暴力団関係者という根強いイメージがある為、ヤクザ、暴力団に所属していた人と思われる。

従って公衆の場で和彫りの刺青を見せるという事は周囲を威嚇しているのと同じであるからして刺青を入れている者はそういう場所に行く事を控えなければいけない。

 

 

和彫りの刺青を隠す努力

 

シャツのボタンがはだけて胸元の刺青がチラチラ見える。また、Tシャツを着ているのは良いがTシャツの袖からに刺青が見えている人がいる。

刺青を入れていない人からすれば非常に不愉快でややこしい人間だなと思われるだろう。

そういう人間とは誰しも距離を置きたいものであるから公衆の場では必ずボタンを上まで止め、サポーターなどで刺青を隠し通せねばいけないと思う。

それが周囲に対する配慮、マナーだと思う。

 

温泉などで大浴場には絶対に入らない事

 

温泉旅館でも刺青、TATOOのお断りをしている所があるが刺青に対して何も制限していない温泉旅館がありそれに付け込んで入浴する者がいる。

刺青を入れている者からしたらさぞかし温泉に入れてラッキーかと思う。

しかし、温泉旅行に来て刺青の入っていない人からしたらどう思うだろう。

温泉旅行に行き刺青が入った人がいて気を使った。怖かったといい思い出にはならないだろう。

そういった事から刺青の入っている人は貸切風呂、露天風呂付客室などを利用しなければいけない。

 

Sponsored Links

見せるTATOOと和柄の刺青(和彫り)は意味が違う

 

ファッションで刺青、TATOOを入れている見かける事がある。

それは見せるTATOOでいわゆる「それ系、その筋」には見えない。

しかし公衆の場で和柄の刺青を見せていたら警察から職務質問を受けるだろう。

それだけ刺青、TATOOに偏見の目があるからだ。

偏見の目があるからこそ人前では刺青は隠しておきたい。決して見せるものではないと思っている。

 

最後に

この記事を書いている私も刺青(和柄)を若気の至りで入れてしまい今になって非常に後悔している。

和彫りの刺青が入っている人は自分の品位を失わない為にも見せない事が重要かと思う。

それでも刺青を見せたい人はネット(SNS)等で刺青を自慢すれば良いと思う。

 

最後まで読んで下さり有難うございます。

Sponsored Links >