【高山清司若頭敵陣神戸に参上し勝利の祝杯か?】神戸山口組納会で太田興業引退解散、山健組はどうなるのか?

分裂する山口組は特定抗争指定暴力団に認定されると実質5人以上集まる事が出来ない事から本指定前の抗争中最後の集会といっても良い(納会、事始め)を行った。

神戸山口組においては2019年12月13日午前11時頃、神戸市西区玉津町にある神戸山口組傘下組織二代目西脇組(宮下和美組長)の本部事務所で行った。

六代目山口組から容赦なき報復活動、組織の引き抜き、組内からヤクザを辞める者が後が経たないと言う敗色が濃い神戸山口組はどうなるのだろうか?

二代目西脇組本部事務所(神戸市西区玉津町二宮)

事務所前で降車し報道陣等から神戸山口組傘下侠友会前本義人若頭代行(写真左ベージュ服)に誘導され二代目西脇組事務所に入る神戸山口組の直系組長

 

出典サンテレビニュース

この度の二代目西脇組本部事務所前には20数名の報道記者がいたが2019年10月神戸山口組傘下五代目山健組事務所前に三代目弘道会傘下稲葉地一家丸山俊夫組員が記者に装い山健組2名を射殺する事件が起きた事からこの度の神戸山口組の会合(事始め・納会)は神戸山口組侠友会前本義人若頭代行(前本組々長)を先頭に数名の神戸山口組関係者が報道記者に対し身分証、社員証の提示を求め確認し社員証など携帯していない記者は正門前から強制的に排除する徹底ぶりをみせた。

警察に任せていても信用ならない、神戸山口組の自己防衛ともいえる。

神戸山口組二代目西脇組 

【神戸山口組報復】三重県桑名市六代目山口組高山若頭邸に銃弾!犯人の身元,動機は井上邦雄組長の指示か!山健組の報復か?【山健のカエリが始まったか?】

☟次ページ 太田興業太田守正会長の引退

Sponsored Links
1 2 3 4 5