壁を乗り越えるにはある期間我慢しないと行けない時もある

安定した生活を送っていれば良いが、自分の様に中卒、無能な人間は人生に良くつまずく事があった。ましてはヤクザであったからなかなか安定しなかった。

失敗しても直ぐに起き上がり問題と対処する事が肝心だと思う。

この記事読んでいる方でも、自分より酷い挫折してなかなか這い上がる事が出来ない人がいると思う。

自分は度々、挫折するのでその度に【俺っていつも最悪やな!】と思っていた。

いくつも挫折経験はあるがそこから這い上がった事例の1つを紹介します。

Sponsored Links

自営している店が収監中につぶれる

 

自分は一時、収監中に経営している飲食店で殺人事件が起きてしまい、閉店を余儀なくされた事がある。

勿論、当時ネットは現在の様に普及してなかったものの新聞、TVニュースで大きく報道されたので、店を継続させることは絶対に無理だった。

店を開店してから日も浅く、店を任せていたママには売上金を持って逃げられ、開業資金も知り合いの金主から金利のつく金を借りていた。店の修繕費用合わせて1千万円を超える借金が出来てしまった。

 

拘留施設から出てきた時には、その店の借金で無一文になってしまい。

ヤクザをしているどころではなかった。

組事務所に詰めたり、車の運転手をしていれば多少の手当はもらえるが生活などは出来ない金額で何か正業を持たなければやっていけない状態だった。

 

借金返済の為に組には一時、体を自由にさせて欲しいと願い出て借金の返済生活が始まった。

 

借金返済の為にアルバイトを掛け持った。

 

金利の付くお金を借りていたので、返済しないといけない。

自分は親戚の知り合いの会社に仕事をあっせんしてもらい、未経験者なので1日8千円の

日給制だった。それでは借金は返せないと思い、19時から翌朝4時迄でサンマの加工場の仕事をした。それは深夜勤務なので時給が良かった。

 

昼は肉体労働でかなり疲れたが、まだ建設業と言っても楽な業種だったと思う。

まともに土方とかだったら夜のバイトは出来なかったと思う。

 

夜は、開いたサンマがベルトコンベアーで流れてくるのでサンマを3枚扇状にビニールに入れる作業をした。

 

そして、1日約3時間の睡眠をとり昼の会社にまた通勤する日々を送った。

昼休み休憩も睡眠に宛てた。

 

頭が千切れてるサンマ、色が変色したサンマは食べるのには問題ないが売り物にはならないのでアルバイト終了時に社長が自分に持って帰って食べろと言ってくれた。

 

だから家の冷蔵庫はサンマまみれで食費が凄く浮いたのを覚えている。

 

また、休みの日で体調が良ければ単発でトラックの配送の仕事もした。

Sponsored Links

借金返済

 

数件から、何百万単位で金を借りていた。金利も殆ど変わらない。

均等に返済していったが、イヤミなどを言う、また口が軽そうなところには多めに返済していった。

 

カレンダーの裏の白紙の面に塗りつぶし方式でグラフを作り、返済したら色を塗っていく様にして完済出来れば、色が塗りつぶされる様なグラフを作ったが返済当初は気が遠くなって何回も気が折れそうになった。

 

家の家賃、光熱費、食費以外全部借金返済にあてた。

歳も若い自分だから外にも遊びに行ったり、飲みにも行きたかったが全て我慢した。

 

だから、返済期間の約2年間、酒は一滴も飲まなかった。

 

 

昼の仕事をしていたら所属している少し年上のヤクザが来て

【おい!汚れ!汚い服着て(笑)もう終わったのう】

と、貶され(けなされ)た覚えもある。

一部の人間に指をさされ、心無い事を言われたが当時自分が思っていたのは

【借金返して、絶対に見返したるからな!】

と、いう思いがあった。

 

当時、暴対法もきつくない頃だったからヤクザでも普通に働ける時代だから出来た事だった。その後、その組を辞める事にした。

 

いい事もあった

 

昼の仕事から1年経験を積んだら下請けをしないか?

と、いう声をもらった。

 

また、夜は社長に呼び出されて【この工場の番頭になってくれ】ともお声かけをもらった。

 

頭も要領も悪い自分に勿体ない声を掛けてくれて嬉しかった。

 

借金返済も1年半を過ぎて来ると先が見えてくるので、何か嬉しくなってくる。

壁に飾っている借金返済グラフが塗りつぶされてくるので楽しくなってくるのだ。

 

そして返済完了した時は本当に嬉しかった。

筆者後記

この後、昼の仕事を下請けする事で起業する事ができ、ある期間まで(次の挫折まで)は安定した生活を送る事が出来た。

 

気の遠い事でも自分なりに継続して頑張っていれば、何かの報いはあると自分は思う。

この事例は借金だが金を返済しているので継続していれば借金は問題なく減っていく。

 

また自分の様な無能な人間でも真面目にしていれば、信用もしてくれた。

 

自分は体を張ったアナログな返済方法だったが、今、ネットが普及しているのでネットを駆使すればもっとお金が稼げる時代になってきたと思う。

 

アフィリエイト、せどり、ユーチューバー、SNS等で個人が企業並みに世間に情報を発信できる時代だと思う。

 

仕事選びもネットで解決できる。

 

決して自慢で書いた内容ではありません。こんな自分でも壁を乗り越える為に何かを我慢して継続していれば何とかなるという事を言いたい。

 

最後まで読んで下さり有難う御座いました。

 

Sponsored Links >