【神戸山口組幹部狩りか?】神戸山口組傘下三代目古川組古川恵一総裁機関銃で蜂の巣射殺【六代目山口組】

11月18日に熊本で神戸山口組幹部傘下四代目大門会清崎達也会長が六代目山口組内二代目伊豆組傘下組員に刃物で襲撃され、同日、北海道でも神戸山口組傘下五龍会青木和重会長宅に六代目山口組内弘道会傘下福島連合傘下組員が車で突っ込む事件が相次いで六代目山口組の容赦なき神戸山口組に対する報復が相次ぐ中、10日も経たない11月27日に兵庫県尼崎でまたもや神戸山口組幹部が機関銃で約10発を被弾した。天皇陛下が関西(京都府)に滞在中にも関わらず犯人の1人は京都で逮捕された。山口組対神戸山口組の争いはいつになれば収まりがつくのだろう。

Sponsored Links

事件の経緯

兵庫県尼崎市神田南通1丁目の路上で、27日午後5時8分、すさまじい発砲音が鳴り響いた。

機関銃とみられる銃で10発ほど撃たれた男性が救急搬送されたが、死亡が確認された。

亡くなったのは、神戸山口組の幹部で傘下組織「三代目古川組」の古川恵一総裁(59)。現場を見た人はこう言う。

「バンバンと音がして、車が急発進していった。イレズミの男性が、倒れてすごい血が流れていた」

捜査関係者がこう話す。
「犯人は複数いたようで、古川組長は約10発、撃たれ即死のようだ」(捜査関係者)

現場からは男2人組が車で逃走していたが、同日午後、京都府内で1人の身柄が確保された。

「京都南インターチェンジ出口付近で不審な車を見つけて、職務質問。すると拳銃を出そうとして揉み合いになり緊急逮捕。容疑は銃刀法違反と
公務執行妨害だ」(捜査関係者)

逃走した車から銃も発見されたという。

10月10日には神戸市で六代目山口組のヒットマン、丸山俊夫被告が神戸山口組の中核、山健組の組員2人を射殺した事件があったばかり。そして同月18日には、服役していた六代目山口組のナンバー2、高山清司若頭が出所。
六代目山口組の幹部が人事異動するなど、指導力を発揮していた。

「高山若頭は『原点に立ち返れ』『やるときはやらねば』というメッセージを、出所後に発していた。六代目山口組の関係者が関与した可能性が高いと見ている。さらに抗争が激化しそうだ」(捜査関係者)

10月の丸山被告の犯行後、六代目山口組や神戸山口組の本部は使用制限を命令が出され、より取り締まりが強化される中での犯行だった。

引用 https://dot.asahi.com/wa/2019112700101.html?page=1

 

殺された三代目古川組古川恵一総裁

殺された三代目古川組古川恵一組長は以前から同じ場所で複数回、六代目山口組から狙われていた

殺された三代目古川恵一総裁は複数回、六代目山口組から襲撃に遭っていた。

2018年3月実子が経営する飲食店(兵庫県尼崎市神田南通1)の帰りを六代目山口組傘下である十一代目平井一家組員待ち伏せされて襲撃に遭っている。

続いて2019年7月12日、犯行現場同じく、地元尼崎の六代目山口組の中核、三代目弘道会組員に口論の上、傘で暴行を受けて全治1ケ月の怪我をしている。

今回、ヒットマンとして三代目古川恵一を逮捕された朝比奈久徳容疑者は古川恵一総裁と面識があり古川容疑者を呼び出したとの情報もある。

 

世間を震撼させる大胆な犯行

【強権高山若頭】神戸山口組VS六代目山口組抗争!神戸山口組孤立作戦【七代目山口組への地均しか】

捜査情報、目撃者の証言

京都府警によると、午後6時過ぎ、尼崎からの逃走車両とナンバーの下4桁が同じ軽乗用車を発見し、パトカーで取り囲んだ。警察官が職務質問すると、朝比奈容疑者は車外に出て拳銃を突きつけた。警察官に身をかわされると、車内から自動小銃も取り出したが、いずれも投げ捨て、抵抗せず取り押さえられたという。拳銃には実弾5発が装塡(そうてん)されていた。

引用 https://mainichi.jp/articles/20191127/k00/00m/040/359000c

●捜査関係者の情報によると約30発、自動小銃を撃ち、うち10数発が古川恵一総裁命中したとされ、古川恵一総裁が倒れた後も5回くらい撃ったとの目撃情報もある。

●事件直前に古川総裁が朝比奈容疑者は事件現場近くの居酒屋で同席し飲食をしていた目撃情報がある。

●居酒屋は古川総裁の息子が経営していたという。

●犯行時、怒鳴り声を上げながら発砲し、白色の軽乗用車に乗って西に逃走した。

●京都市内で朝比奈容疑者は27日午後6時頃、職務質問をしてきた京都南署員に拳銃を突きつけている。

●逮捕時、自動小銃1丁と回転式拳銃1丁、実弾5発を所持した疑い。

また逃亡中の1人が逮捕されていないので近隣の住民には不審者情報が流された。

 

Sponsored Links

飛び交う様々な情報

 

主に、今の段階では3つの説がある、しかしどれも今の時点でははっきりとはわからないので随時、追記更新して行きたいと思います。

私怨的犯行説、破門中であった。

逮捕された朝比奈容疑者(52)は六代目山口組傘下二代目竹中組(安藤美樹組長)内、篠原会 会長代行、安藤組長付であったが平成30
年12月に既に破門されたとの事である。

また古川恵一総裁を呼び出したとの捜査情報もある事から私怨的犯行説もあるが、今の段階では分からない。

【追記】最新 朝比奈容疑者は京都の神戸山口組幹部も狙っていたと取り調べで供述していると言う。

破門中だとしても警察は抗争状態みなし特定抗争指定暴力団になる事は必至である。

特定抗争指定暴力団

指定された組織が、警戒の期間と区域において以下のような行為をすると、ただちに逮捕され、刑事罰を受ける。

(1)事務所等の新設。
(2)指定された組織の暴力団員やその要求・依頼を受けた者が事務所に出入りすること。
(3)対立組織の事務所および組員の居宅周辺をうろつくこと。
(4)同じ指定組織の組員5人以上が集まること。

六代目山口組から神戸山口組に移籍した事が起因?

 

以前、六代目山口組の中核、三代目弘道会 竹内照明会長が尼崎の古川恵一総裁のもとに激励訪問の翌日に神戸山口組に移籍した事への報復説があるが

今回の事件が直接関係あるかどうかは未だわからない。

山健組中田浩司(広志)組長が逮捕:山健終わったのか?神戸山口組井上邦雄組長も逮捕?組長不在で山健はどうなる?

【神戸山口組】組長ヒットマン!中田浩司山健組組長を殺人未遂で逮捕【弘道会神戸事務所襲撃】

【山口組抗争】古川恵一幹部機関銃射殺で抗争激化!破門中は本当か?京都の神戸山口組幹部も狙う!六代目山口組

【山口組抗争】古川恵一幹部機関銃射殺で抗争激化!破門中は本当か?京都の神戸山口組幹部も狙う!六代目山口組

神戸山口組から引退説?

ヤクザ稼業は引退し、阪神尼崎駅近くで居酒屋を経営していたとの情報がある一方、引退の意向を申し出た古川総裁に対し神戸山口組、井上邦雄組長はそれを許さなかったとの情報もあるが今の段階では分からない。

【追記あり】六代目山口組再攻撃始める 北海道で五龍会々長宅に車突入 熊本で四代目大門会清崎会長刺される 

 

 

筆者後記

 

今、事件が起きてばかりで私怨的犯行か六代目山口組の組織的犯行かは今の段階では分からない。

しかし、この事件で

機関銃(自動小銃・サブマシンガン)を使ったという事

天皇陛下滞在中の京都で容疑者1名が逮捕された事

は、警察を更に本気にさせた事から今まで以上に取締りが強化され100数年続いた山口組の存続も危ういだろう。

どちらにしても六代目山口組高山清司若頭が出所して以降、弘道会をはじめとする六代目山口組が活発になった事は間違いない。

神戸山口組 六代目山口組に和解に動く?鬼才高山若頭の対応は如何に?弘道会の非情な報復

六代目山口組 弘道会と山健組は何故仲が悪いのか?神戸と名古屋の間に出来た長年にわたる怨恨の壁

Sponsored Links >