闇カジノなど誘われても絶対に行ってはいけない。


カジノ法案が可決し、国営カジノも建設され営業されるだろうが、闇カジノ店は無くならないと思う。暴力団は動く事の出来ない中、暴力団ではない者が客を無理やり連れてきて負けさせる様な事件も聞く。それは自分の知人だが一向にやめようとしない。

以前は、暴力団が目を光らしてそういう行為はさせなかったが、警察を警戒してもはや野放しの状態だ。その知人の手口を紹介する。

 

Sponsored Links

マンションの一室でバカラ賭博を行っている。

 

賭博はバカラ賭博というルールでマンションの一室にバカラ賭博の設備を作り、客を呼び込む、知人の友達の友達や街で声を掛けたりして客を募る。

 

バカラ賭博とはテーブル中央にトランプを配るディーラーと呼ばれる者がトランプを配る。

しかし、それが曲者なのだ。

そのディーラーは素人ではなく裏カジノで働くトランプを自由自在に操れる手品師の様なものだ、裏カジノでは殆どの事務所にグラフ用紙が貼ってある。客をどれだけ負けさせたかというグラフで客を幾ら負けさせたかでディーラーのギャラも決まる。

 

そういった、イカサマの出来るディーラーを一晩 20万+歩合で雇う。

数回に分けて客を呼び最初の頃は客を勝たせバカラ賭博に依存させるらしい。

 

客には事業経営者、スナックのママ、ホステス、サラリーマンなど色んな職業の人間がいるらしい。

 

ある日、順番に客をはめていく

 

客を依存させ、客のほうからバカラがしたいと言うくらいになれば、こっちのものらしく

仕上げに入るらしい。そこはディーラーの仕事でイカサマをされているから客は勝てる事は無い。

 

客が負けて無一文になったら自分の知人が上手に貸金するらしい。

闇カジノ側は貸金にしても現金ではなくチップで貸金するので多額な現金を用意する事はない。

 

とことん客を負けさせたら、店側の態度が変わる。

負けの金額も最低で1,000万円以上負けさせるので負けた方は直ぐ現金が用意できない。

 

若い女性で返済できないものなら性風俗店を勧めてそこから金利をつけて徴収する。

 

また、男性の場合は、取立人と共に現在国営カジノがある韓国のカジノに行く。そこでカジノはしないのだが、韓国のカジノにおいて日本で負けた金額を負けた事にして、親若しくは嫁に韓国から連絡させ、【取立人から(日本で負けた金額)を貸してくれた。返さないといけない】と芝居をするのだ。

 

こうなれば韓国のカジノ場で負け込んでいるところでお金を貸した立派な第三者になるのである。現地で借用書を書き日本に帰る。

 

あとは取立人の知人と家族らとの話で回収するらしい。

 

そういった行為が広がりつつある。

 

ヤクザを擁護するつもりはないが、少なくとも暴対法、暴排条例が無ければ、こういう事態にはなっていないだろう。絶対にヤクザはそういう賭場は潰していると思う。

 

 

Sponsored Links

国営カジノでのめり込みが心配される。

出典 毎日新聞

パチンコなどのギャンブル依存症のようにカジノでもそういった依存症が心配される。

一度、大勝すると依存してしまい。のめり込む場合が多い、野党が訴えているがそうなった場合、国はどうするのか?

 

自分の財布をきちんと分けて、バカラを嗜む(たしなむ)人はしっかりしていて【勝っても、負けても、ここまで】と、いうしっかりした人ばかりでない。

 

自分は過去、闇カジノで大負けをしたからカジノはしないが、負けを取り戻そうと熱くなり

家の使ってはいけない金にまで手をつけてしまうだろう。

 

これは、自民党派の中でも反対派の人もいるだろう。

 

 

筆者後記

 

暴力団の経営するカジノ場としたらそこまで無茶な事はしないと思う。

ましては一般女性がバカラに詳しくないのに手慣れたディーラーがイカサマするのは赤子の手をひねる様な者だろう。

 

子を持つ親としたら心配だ。

 

どんな方でも、強引に誘われたギャンブル等には絶対に参加してはいけない。

 

最後まで読んで下さり有難う御座いました。

Sponsored Links >