六代目山口組の報復計画・神戸山口組は傘下武闘派太田興業引退解散届により破門処分【山健組:神戸山口組】

六代目山口組(司 忍組長)と神戸山口組(井上邦雄組長)の抗争がこれ以上激化しない様公安委員会は年内若しくは年明けにも両組織を特定抗争指定暴力団に指定し活動を制限する旨を発表した。六代目山口組、神戸山口組にしても特定抗争指定暴力団に認定されると5人以上組員が集まる事が出来ないので2019年12月に集まった会合(事始め、納会)は抗争中最後の会合となる。六代目側は12月11日、名古屋の弘道会系高山組系列事務所で、神戸側は12月13日神戸の神戸山口組傘下組織事務所で夫々、会合(事始め、納会)行われた様だ。

神戸山口組を狙った報復計画は昨年8月頃から計画されていた。

神戸山口組幹部を狙った報復が六代目山口組高山若頭出所後に活発になったがその計画は1年以上前から計画されている事が神戸山口組傘下幹部の情報で分かった。

2018年7月頃、神戸山口組傘下のある幹部に六代目山口組傘下弘道会幹部より連絡があったという。

その内容というのは

「神戸山口組を抜けてこっち側に(六代目山口組)移籍しないか?そのまま神戸山口組に籍を置くのならいずれ的に掛ける事になる。(狙う事になる。)」

と、言われたが神戸山口組傘下のある幹部は、当時、抗争も活発になっていない事や、諸事情等で丁重に断ったという。

 

その時期と言えば六代目側が神戸側、任侠側に対し組員復帰のリミットを設けた【切り崩し工作】時期であった。

 

その【切り崩し工作】は、神戸山口組の中核、山健組中田浩司組長にまで連絡があったとされる。

 

そして六代目側のリミットとなる2018年8月を過ぎ本年に入り、全国で六代目側と神戸側でイザコザの様な揉め事が多数ある中。六代目側の忠告通りその幹部は六代目側から襲撃される事になった。

特定抗争指定前の事始めで六代目山口組神戸山口組の動向は!山健組の動向・山健組出身組織の今

☟次ページ 六代目山口組を本気にさせた弘道会新神戸事務所前襲撃事件

Sponsored Links